志原海岸で食す

水平線の見える太平洋に面した道の駅「志原海岸」は、和歌山県の南西部に位置する白浜町にあります。周囲には美しい景観のある「志原千枚敷」があり、地元の漁師たちは「かなた」と愛称で呼ばれています。以前沖合には多くのアマチュアカメラマンが撮影したスポット「ぼくろ岩」がありましたが、侵食の影響でなくなり現在は大洞窟があります。このほかにも夕日が美しい伊古木海岸や陸の孤島とも呼ばれる秘境の地「ハタ崎」があります。駅の裏には砂利の浜辺の海岸があり、潮風を感じることができます。駅にはレストランと展示販売所が一体となった「海来館」があります。レストランでは地元で捕れた旬の新鮮な魚を使用した料理が楽しめます。販売所は地元で捕れた新鮮な魚を生簀の中で泳ぐ姿が見られ、新鮮なうちにお刺身や切り身にしてさばいてくれます。地元産の川添茶や紀州備長炭など販売しています。牧場のとれたての牛乳を使用した人気のアイスクリームは、濃厚さとコクがひろがります。駅の隣にあるJAの直売所「にこにこ市」は、地元で育った旬の朝採れ野菜や果物など農産物を豊富に販売するほか、農産物を使用した加工品を販売しています。地域の方々が作った手作り梟は人気があります。